2012/4/22 ボーイスカウト相模原第11団防災訓練(淵野辺公園)

 ボーイスカウト相模原11団の防災訓練が、4月22日、日曜日、淵野辺公園において開催された。この訓練の支援として、参加した。参加者は約70名・小学生以下から、大人まで。時々小雨の降る中で、炊き出し訓練とブルーシートの仮設テント設営訓練を実施。スタートする前に、ブルーシートの仮設テント1張りを設置。何回か経験をしていたが、やはり簡単にはいかないものだ。右に引っ張り、左に移動、もう少し短く、もう少し上に、などなど大変貴重な体験ができた。やっと張れたと思っても、「これでいいのですか?」なんて、聞いてしまった。次は、炊き出しの班に加わり、ボーイスカウトの方々と「無洗米1合を炊き出し袋に入れて、ここまで(線が有り)水を入れ、それ以上は上手に片手で線の所を締めて余分な水を捨てましょう」などの説明を、初めてさせていただく。小さな手ではなかなかうまく閉じられなく、水は線以下になってしまう。何度もやり直していただいた方もいた。次は、沸いている湯の中に約50個づつ入れて、20分蓋をして煮る。出来上がりはふっくら、とても美味しそうになった。それから、ふりかけなどを使って担当の方がおにぎりを作成。水分が少なくて少し硬めのおにぎりとなったものもあった。参加者全員で避難した時などのおにぎりをいただいた。SSVの参加者は7名、私は初めての参加だが、楽しませていただいた。(安達)