2012/7/28~29 上溝祭り

県央地区の夏祭りといえば江戸末期より伝わる伝統と歴史ある上溝祭り、祭りは21基の神輿と8台の山車が各町内から上溝商店街通りに集合して神輿の渡御と山車の運行があり、日没前に提灯の明かりで飾った神輿が祭りの華やかさを盛り上げる。 この上溝祭り実行委員会の好意により今年もSSVも参加させて頂き、当会の広報啓発と東日本大震災被災地への義援金募金を兼ねた模擬店をファミリーマート清水屋上溝4丁目店の駐車場スペースを提供いただき出店させて頂きました。私が参加したのは祭り2日目の7月29日(日)午後、当日は32度を超える気温予報で模擬店の「かき氷・綿菓子」の売れ行きに期待したが、あまりの暑さに4時頃まで人出が少なく心配になってきた。

それでも提灯を飾る頃には大勢の人出となり模擬店も賑やかになり、募金のアートバルーンにも多くの人に集まって頂きました。 

 当会会員の被災地支援ボランティア活動も微力ながら一年以上継続的に行っている、今後も被災地の復興を願って様々な行動で支援していきます。

募金金額計3,712円。(辻)

 7月28日(土)8名、29日(日)9名、のべ17名の方にご協力いただきました。

ありがとうございました。