2012/8/11 避難所運営研修会

 大災害時、被災者の生活の場となる避難所について、その運営が円滑に進むか否かは避難所に設けられる運営協議会の活動能力如何に係わっている。これをうけて運営の一翼を担う当SSVでは、避難所生活者に対する生活支援の活動スキルアップを目指して研修講座を開いた。

 ☆8月11日(土)午後(3時間)

 ☆あじさい会館 ☆参加者16名

第1回目の今回は、「運営協議会の立ち上げ」と「運営の開始から閉鎖」までの流れ、そして実作業に携わる班の構成(管理班・情報班・救護班・給水班・救護物資班・炊き出し班等)とその活動の要点について解説した。

参加者の関心は極めて高く、事あった時に役立つ自分を創るための受講との意欲を強く感じた。最後のQ&Aでは避難所やその運営について、地元自治会の取り組み方が未だに低調な実状の披露などもあり、市自治会連合会や行政も巻き込みながら避難所の運営をどう進めていくべきかなど熱っぽい話し合いが行われた。

次回は実際に避難所となる小学校を取り上げ、避難所運営の図上訓練に入る。(石井昭和)