2013/9/1 市総合防災訓練参加

クリックで拡大
 

 9月1日、日曜日に市総合防災訓練が米軍相模総合補給廠で開催された。来年度の九都県市総合防災訓練幹事都市のプレ訓練に位置づけられ、首都圏の九都県市や、米陸軍、陸海の自衛隊、県警など121団体約5,000名が参加し午前10時に市東部を震源とする直下型地震が発生したとの想定訓練であった。SSVも即現地に災害ボランティアセンターを立ち上げ、約80名のボランティア受け入れ訓練を実施した。

 2014年には、同場所で首相らが観閲する九都県市合同防災訓練を、動員人数を10,000人に規模を拡大して行われる。 

                                代表 中村

 

クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大