2014/2/23 雪かきのお手伝いボランティア(相模湖、藤野地区)

クリックで拡大

 2月14日から降り続いた大雪による積雪で、緑区の相模湖、藤野地区の高齢者、障害のある方からの雪かき依頼が多く寄せられました。市社会福祉協議会では、雪かきを行なうことが困難な世帯に対しボランティアセンターからの除雪ボランティアの募集を行ない、急遽2月22日(土)と23日(日)の2日間除雪ボランティアの派遣を決定しました。SSVも、市社会福祉協議会の要請にもとづき小規模災害救援活動の一環として22日(土)に1名、2月23日(日)に3名、計4名が参加させていただきました。

 ボランティア参加者は、22日(土)12名、23日(日)20名、のべ32名となりました。ボランティアスタッフは、皆手弁当で相模湖総合事務所迄電車で駈けつけました。私の訪問した23日(日)は、前日にかなりの依頼先のかなりの作業が進んだとの事ですが、相模湖、藤野地区の積雪は多かったです。私は、藤野地区担当職員と同じグループで藤野町(上沢井)と相模湖町(与瀬)で雪かきによる通路(歩行路、車路幅)確保のいい経験させていただきました。

 参加者の方は皆、相模原でまさか除雪ボランティアをやる事になるとはと驚いていました。しかしボランティアスタッフも皆、1週間前から地元の各地区で雪かき作業をかなり行っており慣れた手つきで作業に従事していました。しかし、1週間経過した雪はかなり凍結しており人海戦術といってもかなりの負担作業でした。バールもかなり有効な必需品となりました。午後は、1輪車を動員し、また大量の雪運搬のためブルーシートを活用しかなりの作業効率化がはかられました。参加の方々とゆっくり懇親迄できなかったけれど相模湖、藤野の職員さんと顔見知りになれてよかったです。職員からも、おそらく今回初めて津久井地区と旧市内の合併を実感できたのではないかと話がありました。 向田

クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大
 
クリックで拡大