SSV会員懇親会

 SSVの前身である相模原防災ボランティアネットワーク発足から15年となった9月、市民会館地下食堂で会員懇親会が実施された。
 強い日差しのなか入道雲が発達して夕立が降りそうな空模様を気にしながら会場に入り、受付で引いたクジで決められた席に着いた。懇親会はOBを含めた発起人5名、本年度新入会員3名も参加、総勢31名が集いSSVの結束が感じられた。

 自己紹介、歓談と進み広島豪雨災害や九都県市合同防災訓練、防災スクール、仕事、趣味など各々のテーブルで話が盛り上がり親睦を深める中2時間が過ぎてお開きとなった。
 日頃は異なる仕事や活動をしている者同士が知り合い、それぞれの専門を生かして力を合わせ災害に備える事の大切さを確認した。懸念していた雨は帰宅途中で降り始めた。四井