2014/11/16 2015/02/22 県災害ネット主催図上訓練

 県地域防災計画に記載されている県東部及び西部地震災害想定を基に、11月16日は県民サポートセンターで東部地震の被害想定とし、2月22日は小田原市の県合同庁舎で西部地震の被害を想定し図上訓練を実施した。

 今回は市町村社協と災ボラとの合同参加とした。目的は、大規模災害時に県域内での情報を共有し共助しあえる連携作りと顔の見える関係づくりにある。

 このような訓練は初めてで年度途中の企画で満足できるものではなかった。27年度は年度の事業として団体・個人共に参加者を増やし県域内の共助力を高めていきたい。(大石)